へっこき馬

創作民話 むかし福生

十三話「へっこき馬」

  • へっこき馬画像1

    むかし、福生と羽村の 村ざかいに、松吉という ばくろうが、青という馬と くらしていました。青は、ブースカ ブースカ、おならばかりするので、「へっこき馬」と いわれて、人にきらわれていました。

    でも、ほんとうは とてもりこうな馬でした。

    松吉が たぬきにだまされて、こえだめを おふろとまちがえて はいったところを、ひきずりあげてくれたのも 青でした。きつねにだまされて、みみずのおそばを くわされそうになったのを、足で けおとしてくれたのも 青でした。むじなにだまされて、白い花のそば畑を、上水だとおもって はだかになって わたろうとしたのを、しっぽでたたいて 目をさまさせたのも 青でした。だから 松吉は、青には あたまが あがりませんでした。

  • へっこき馬画像2

    ある日、松吉は、江戸まで 三とうの わか馬をうりに、青にのって でかけました。三とうとも すぐにうれたので、ガッポリ もうかりました。

    松吉は、お金を、はらかけの どんぶりにしまって、かえりを いそぎましたが、田無のあたりで すっかり 日がくれてしまいました。

    「なあ青。このさき どっかで、おいはぎがでたら てぇへんだ。ここらで とまるべよ」

    みると、村はずれにしては りっぱな、「ばくろう宿」と、かかれた 宿やが ありました。

  • 女中につれられて、二かいにとおされた 松吉は、となりのへやの、あまりのにぎやかさに、そっと のぞいてみました。そこでは、四人のばくろうたちが 酒をのみながら、サイコロばくちを していました。それぞれのまえには、こばんが つんでありました。

    「ふーん、この人たちは、よっぽど もうかったんだべょ」

    松吉が 目をまるくしていると、

    「おや、おとなりさん。そんなとこにいねぇで、いっしょにどうだい」

    と、なかの一人が、のぞきみしている 松吉にいいました。

    「い、いや、おら、とんでもねぇ」

    松吉は、あわてて ことわりました。はらかけのお金は、あたらしい馬やえさを かうためのものです。

  • へっこき馬画像3

    「まあ、そういわねぇで、こっちにきなよ。はらかけが、おもそうだぜ」

    「いや、そんな…」

    「じゃ、こばん 一まいだけってのは どうだい。まけたら、それっきりにしな。ひょっとして、一まいが十まいに なるかもしれんぞ」

    みんなに わいわい いわれて、松吉は、一まいだけ やってみることにしました。

    ところが、やりだすと おもしろくなり、あり金ぜんぶだして、むちゅうになりました。

  • かったり まけたり しているうちに、夜もふけてきました。

    「松吉どん、ずいぶん もうけたなあ。こっちは大まけで、ざんねんだが、夜もおそいし そろそろ おひらきにすべぇ」

    と、としよりのばくろうが いいました。

    松吉は、目のまえのこばんをみて、びっくりしました。

    「これが おらのぶんかえ。もち金の三ばいにも なったべさ。これなら、馬の二十とうも かえそうだ。なんだか かちにげみてぇで、わりぃな」

    「いいともさ。いやはや ついてる人にゃ、かなわねぇ」

    みんなに うらやましがられて 松吉は、ニコニコがおで、そのこばんを はらかけどんぶりにいれ、じぶんのへやへもどりました。

  • へっこき馬画像4
  • よく朝、目をさまして びっくりぎょうてん。高くつみあげた たいひわらの上で、はらかけに どっさり木のはをつめて、ねていました。

    「ちきしょうめ、またやられた。青、青はどこだっ」

    青は、あの女中にやられたのか、かきの木に しばられていました。

    「だいじなお金を、みんなとられちゃった。どうすべぇ」

    松吉は、青のくびに だきついて、オイオイ なきました。なわをとかれた青は、松吉にかまわず、とっとと 狭山の森へむかって あるきだしました。おいかけていくと、森のなかに、ちいさなほらあなが ありました。

    なかをのぞくと、たぬきが五ひき、こばんをまんなかにして 酒もりをしていました。

    「あっ、あんちくしょうどもだ」

  • へっこき馬画像5

    あなに もぐりこもうとする 松吉を、青は口でひきもどし、クルリ、と うしろをむき、たぬきのあなに おしりを くっつけました。

    そして、

    ブーッ

    と、一ぱつ、大きな おならをしました。

    「そうか、どくガスぜめに しようってわけか」

    松吉は、すぐさま 大きな石で、あなをふさぎました。

    しばらくして 石をはずすと、五ひきのたぬきは、目をまわして ひっくりかえっていました。松吉は、まだ においのたちこめている あなにもぐりこみ、とられたこばんを とりかえしついでに、たぬきのお金も かっさらってきました。

  • 「あぁ、くせぇくせぇ。おめぇのへは、ほんとに くせぇな」

    そういいながらも、松吉は大よろこびで、青にまたがり、玉川上水までかえってきました。

    橋を わたったところで、青はたちどまりました。うしろから、だれかが おいかけてくる ようすです。

    ふりかえってみると、あのときの ばくろうたちです。

    「やや、ばけだぬきどもめ、もう目がさめたか」

    もう、家へ てっぽうをとりにいくひまはありません。

  • へっこき馬画像6
  • ばくろうたちが、ドカドカと、橋を わたりかけたとたん、青はおしりをむけて、おもいきり、

    ブォーッ、ブォーッ

    と、二はつ、橋をめがけて ぶっぱなしました。

    橋は、メリメリッ、ドドッと、ふっとび、化けのかわのはげた たぬきたちは、空たかく とばされていきました。

    松吉は、たぬきから せしめたお金で、馬が五とうも ならんでとおれる、りっぱな橋を かけたので、村人たちは「ばくろう橋」となづけて、よろこびあいました。

    それからは、だれも 青のことを、「へっこき馬」とは いわなくなり、松吉と青は、いつまでも なかよくくらした、ということです。

お母様へ

●馬喰橋

玉川上水の新掘ができる前の、古川にありました。少し場所はずれますが、馬喰橋→金比羅橋→神明橋→新掘橋、と変わってきました。

福生市観光協会

〒197-0022
福生市本町92番地5 扶桑会館

TEL 042-551-2927(福生市商工会内)

Copyright© 福生市観光協会 , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.