石浜のあか牛

創作民話 むかし福生

第八話「石浜のあか牛」

  • 石浜のあか牛画像1

    むかし、多摩川べりに、石浜というところが ありました。そこに、弥八という 男の子がいました。家には、「あか」という、かっこいいつのと、やさしい目をした 茶色の牛が かわれていました。

    弥八は、あかが、田んぼや畑を たがやしたり、にもつを はこんだりしたあとは、川で 体をあらってやったり、おいしいえさを つくってやったりするのが 大すきでした。しごともいっしょ、あそびもいっしょ、夜ねるときも、牛ごやで いっしょにねるほどでした。

    あかも、弥八のすがたが ちょっとでも みえないと、

    「モーモー」

    と、ないて さがすほどでした。

  • 石浜のあか牛画像2

    四日も ふりつづいた雨が、やっと あがった ある日、弥八は、牛ごやで、あかの血を すいにくるあぶを おいはらっていました。

    そこへ じいさまが やってきて、

    「雨もやんだし、そろそろ 大川の水も ひいたんべ。あかをつれて まきざっぽひろいに いってくんろぃ」

    と、いいました。

  • 多摩川は、雨がふりつづくと、川上に 山くずれがおきて、木がたくさん ながされてくるのです。

    村人たちは、川ぎしに ひっかかった 木をひろってきて、たき木にしていました。


    弥八は、あかをつれて、川原にいきました。川の水は、まだにごっていて ウズを まいていましたが、舟のわたしばのあたりには、木が たくさん ひっかかっていました。

    弥八は、あかのせなかに のせきれないほど、たき木を ひろいあつめました。そろそろ かえろうかな、と おもっていると、川上から、大きなえだが ながれてきました。

    「あれも ひろっていって、じいさまを びっくらさせてやんべぇ」

    弥八は、手をのばして、えださきを つかみました。

    「ヨイショ」

    力いっぱい ひっぱったとき、ガラガラガラッ、と 足もとの石が くずれて、弥八は、川のなかに ひきずりこまれて しまいました。

  • 石浜のあか牛画像3

    「たすけてえっ!」

    弥八は、あっというまに、ながされました。

    「モーッ」

    それをみたあかは、ザブンと、とびこみました。そして、ウズに まかれている 弥八のきものを、しっかり 口でくわえました。

    つよい川のながれに、あかも、ながされそうです。でも、がんばりました。

    あかは、はなづらで、弥八を やっと きしべにおしあげました。

    そのとき、また 大きな木が ながれてきて、あかの体に ぶつかりました。

  • あかは、その木を、つので はらいのけようとしました。ところが、木につのが つきささってしまいました。

    「モゥーッ」

    あかは、ありったけの力をだして、木を ふりはらおうと、もがきました。

    でも、もがけば もがくほど、つのは、木に ふかくくいこんで、足にもえだが、からみつくのです。

    弥八は、みているだけで、どうすることも できません。

    「モォーッ」

    こらえきれなくなった あかは、弥八をみて、かなしそうに 一声なくと、木といっしょに、ドッと ながされて いってしまいました。

    「あかっ、あかーっ、だれかたすけてぇ!」

    弥八は、なきながら 川ぎしを おいかけました。でも、あかは 水にのまれて、あっというまに みえなくなって しまいました。

  • 石浜のあか牛画像4

    弥八は、川ぎしに うずくまったまま、いつまでも いつまでも なげきかなしんでいました。


    そういうことが あってから、村人たちは、弥八のいのちを すくったあかを、(人だすけの牛)と、ほめたたえました。

    そして、村では牛を、いっそうたいせつに するようになり、それからは、だれいうとなく、石浜を 牛浜と よぶようになった、ということです。

    多摩川の川原には、男の子のかたちをした 石が、いまでも かなしそうに たっているそうです。

  • 石浜のあか牛画像5

お母様へ

●牛浜の渡し

現在の多摩橋の所にあって、後に森山渡しといわれました。

牛浜橋の近くにあった『石浜渡津跡』の石碑は、現在、中央公園に移されています。

●南の渡し

熊川から秋川の小川までの間にあって、冬は、三十八メートルの仮橋を作って渡ったそうです。現在の睦橋のあたりです。

●石浜の合戦と地名

太平記の武蔵野合戦では、足利尊氏が新田義宗に「石浜」までおいまくられた、とあって、その「石浜」は「牛浜」だという説があります。

なお、古い記録に「丑浜」とありますが、当時の政略の中心地だった高月、滝山城から見た場合、丑の方角に「石の浜」がのぞめるので、石浜→丑浜→牛浜になったと、思えないこともありません。(私見)

福生市観光協会

〒197-0022
福生市本町92番地5 扶桑会館

TEL 042-551-2927(福生市商工会内)

Copyright© 福生市観光協会 , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.